食って、飲んで、笑って、眠って。。。そんな毎日。
by ichigoyama
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
日々
メシ

AtoZと弘前のこと


落語とか芝居とかライブとか
短歌
以前の記事
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:日々( 164 )

溜まる

仕事の旅のこととか、年末の談春のこととか
いろいろ書きたいことが溜まっているのに
ゆっくり書く気分になかなかならない。

う〜、時間は作るもの だとわかっちゃいるけど
ついぼーっとしてしまう。

日々のことが、さらさら流れていってとめどない。
ちゃんと思い返す時間がいるな。
なんでやりたいことあるのに、くだらん妄想にふけって時間が過ぎちゃうんだろ。
うらはらだ。
[PR]
by ichigoyama | 2013-01-08 23:06 | 日々

恐怖のベランダ

f0101794_2239147.jpg


残業の合間、仕事場のベランダで一服してたら
この世で一番恐れる、ヤツが出た!

そしてこんなときに限って、相方がいない。


ものすごくそーっと、でもものすごく急いで、室内に戻り
しっかり窓を閉め、鍵を掛ける。
もう今日はベランダには出られない。

しかし、これが室内でなかったのがせめてもの救い。
そして自宅でなかったことも、本当にありがたい。

最近、夜道を帰るのも恐いんだ、ホントは。
暗い道の上に黒い固まりを発見すると、ドキーッ!とする。
なるべく明るい道の真ん中を、足早に歩く。

頼むからもう二度と、私の前には姿を現さないでくれ。お願い。
ほんまお願いします。


梅田LOFTで開催中の「楳図かずお恐怖マンガ展」でも、
同じ種類の恐怖を味わえるのだ。

うめこわ〜!!
[PR]
by ichigoyama | 2012-08-23 22:37 | 日々

ナイトハイク

友人のヨガの師匠、ぬんさん企画のナイトハイクに行ってきた。

夕方から山に入り、山の上にある池のほとりでヨガ。

自然の中って、虫や蛙の声とか風の音が賑やかなのに
心が静かになる。

寒かったけど山のエネルギーいっぱいもらえて、気持ち良かった。

キャンプしたくなっちゃった。
焚き火のそばで、寝袋にくるまって眠るのだ。

夜の山歩き、クセになりそう。
[PR]
by ichigoyama | 2012-05-22 00:33 | 日々

花見

f0101794_15525097.jpg

今年もあちらこちらで花見を満喫。

桜は散り際が一番好き。
先週末に行った、今年最後になるであろう花見は
まさに散り際の桜の木の下での宴。
えぇ天気で、花びら舞い散る中で呑む酒は格別。
このところ、めっきり酒に弱くなり
ビールとワインですっかりいい気分に。

で、案の定その後の観劇でうとうとまどろんでしまう。
あー、もったいない。

花見前に訪れた、安井寿磨子さんの個展も満開の桜がいっぱいでした。
[PR]
by ichigoyama | 2012-04-17 16:00 | 日々

2012 INDIA リシケシ 2

f0101794_16423445.jpg

バラナシと同じく、ガンガー沿いに集落が広がってるリシケシ。
しかーしこちらは上流だけあって、ガンガーの水が信じられないくらいに透明で美しいの。
ここでなら沐浴できる。水が冷たすぎて、実際は無理だったけど。
とにかく美しいガンガーが流れ、山が近く、自然がいっぱいで
空気も澄んでてとっても居心地のいい場所なのです。

そしてどことなく風景が日本っぽい。 から、ほっとする。
f0101794_17145122.jpg

宝塚に似ていると感じるのは、私だけではないはず。

でも道を歩けば、
牛とか
f0101794_17371668.jpg

サルとか
f0101794_1723814.jpg

ヤギとか
f0101794_17305886.jpg

が、普通にいるところはやっぱりインド。
リシケシでは随分と牛に懐かれて、すれ違う牛のお腹や頭をペタペタ触りながら
アーユルベーディック・カフェの料理教室に通っていたのだった。
[PR]
by ichigoyama | 2012-04-09 17:43 | 日々

2012 INDIA リシケシ

ジャイプールからハルドワールまで、またまた寝台列車の旅。
f0101794_16283747.jpg

バラナシ → アグラの寝台列車は窓の隙間風がひどくて凍えそうだったけど
今回は、窓が開かない上に毛布までついてる快適列車!!
感動だ。

到着したハルドワールからバス(40ルピー)で、リシケシへ。
そしてさらに、ジープタクシーにイスラエル人のお姉さんと3人で相乗り(3人で100ルピー)。
で、やっとヨガの聖地リシケシ村に到着。

重たいリュックを担いで宿を探すが、どこも「満室!」と断られ
ヨロヨロと石段を登ったり下りたり。
もー、どこでもいいから泊めてくれ〜
と飛び込んだRajdeep Hotel にようやく部屋があってチェックイン。
ベッドに倒れ込むようにそのまま眠ってしまう。
ここで帰国までの10日間を過ごすのだ。
f0101794_1641535.jpg

[PR]
by ichigoyama | 2012-04-09 16:41 | 日々

インドが近づいてきた

f0101794_20592434.jpg

来週の今頃は、ガンガーを眺めているはず。
あー、ほんまにインドいくんだ。まだ実感ないけど。

インドに行くというと必ず、どなたさまも「お腹壊さないように!」と忠告してくれる。
ので、それだけが心配。

いろいろ調べると、怖い話や嫌な経験談がぼろぼろネット上にあふれてるらしいので
実のところ、あまり調べてないんだ、まちの詳細は。
へんに予備知識を持たずに体感しようと思って。
ま、なるよーになろう。という、いつもの楽天的な気分のままでいってくる。

なんにせよ、この寒い日本を脱出できるだけでしあわせです。
仕事もなんとか明日には片づきそうだし。 うしし



このところデリーの天気をチェックするのが日課。
で、インドの天気は乾期だけあって毎日「晴れ」
それはいいんだけど
最低気温と最高気温の差が激しすぎっ!

しかも、今日になってから一気に気温が上がった。
昨日までは、最高気温21〜24℃くらいだったのに
日曜日の予報なんて、最低気温は15℃なのに、最高気温31℃って!

ま、それでも楽しみだよ。寒いよりは暑い方がいいもの。


写真は、神戸の美味しいインド料理屋で食後にいただいた
ブラックペッパーミルク。
ミルクに黒コショウを入れるなんて、インド人ってすごい。
しかも美味しいのだこれが。

安眠効果、咳・風邪の症状にも効果あり、美肌効果に整腸作用もある飲み物だという。
すばらしい!

LOVE INDIA
[PR]
by ichigoyama | 2012-03-01 21:09 | 日々

あーヨガった

日曜日、インドに誘ってくれた友達の誘いで、ヨガの呼吸法レッスンへ。

いろいろ呼吸法を教わる。
私たちは普段、肺の3分の1しか使ってないんだって!
ムードラの組み方だけでも何種類もあり、面白い。
呼吸と簡単な運動だけで、気持ちよくなれるんだ。
ヨガ、奥深いです。

そして、みんないい人だったなあ。
[PR]
by ichigoyama | 2012-02-28 10:50 | 日々

はやぶさ

ホットヨガ行って、汗だらだらかいて
暑う〜ってなって外出たら、雪!
ぬくもった体が一気に冷えるというものさ。

ダイソーでインド用の買いもん。
三宮のダイソー、広くていろんなもんあるからテンション上がってしまい
余計なものまで買ってしまった。
南京錠もゲット!  何でも100円で買えるってすばらしい。
そしてカリカリ梅も2種類購入。

ほいで、「はやぶさ 遙かなる帰還」。
もうね、泣く気満々で行ったよ。
キラキラ輝くはやぶさが、宇宙にいるシーンを観るだけで、うるうるしてしまう。

けど、映画はとてもとても抑えたトーン。
ドラマティックにしすぎることなく、静かに、淡々とした演出。
はやぶさ帰還のシーンなんて、もっと感動的にもできたろうに
youtubeで観た、映像の方がもっと盛り上がっていたよというくらいの
控え目な感じ。そこがまた、ぐっとくるんだ。
これ、ハリウッドならぜ〜ったい、ドッカーンと派手な音楽流して
感動的な映画に仕上げることだろうに(アルマゲドン的な?)
ブラッカイマーには、こんな映画は創れまい。
いや、あれはあれで、嫌いじゃないけどね。

とにかく、泣きました。
[PR]
by ichigoyama | 2012-02-18 23:44 | 日々

いらんもん

自宅のインターネットの光回線とYahooのプロバイダ契約と光テレビをやっと解約。
海外ドラマが見られなくなるのは寂しいけど
無為な時間を過ごさずにすむのはいいことかも。

ごちゃごちゃしてたモデム類がなくなって、リビングの棚が少しだけスッキリ。

いらんもんは、もっとどんどんほかしていこ。
[PR]
by ichigoyama | 2012-02-01 07:41 | 日々