食って、飲んで、笑って、眠って。。。そんな毎日。
by ichigoyama
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
日々
メシ

AtoZと弘前のこと


落語とか芝居とかライブとか
短歌
以前の記事
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:旅( 29 )

伊勢街道歩き旅 その4 伊勢奥津〜横野

前回の旅で三重県に突入し、だんだんお伊勢さんが近づいてきた。
というわけで、
今回の出発地である伊勢奥津に辿り着くだけで約4時間がかり!
近鉄鶴橋〜松阪 名松線・松阪〜家城 JR代行バス・家城〜伊勢奥津
というなが〜い道のり。
伊勢奥津を出発したのが13時。

前日までの寒さが嘘みたいに暖かな陽ざしの中、横野をめざす。
伊勢奥津は電車が開通するまでは宿場とした栄えたまち。風情ある建物がつづく。
f0101794_1644014.jpg
今は「のれんの里」として町おこしを行っているそうで
昔ながらの町屋が並び、玄関にはためくのれんがかわい〜
f0101794_17293946.jpg

f0101794_16414351.jpg


f0101794_1643138.jpg

ゆるやかな山道を登って飼坂峠へ。
その昔、山賊に襲われ殺された人々の霊を慰めるために建てられたという
首切り地蔵、胴切り地蔵に旅の安全を祈る。 
f0101794_16501619.jpg

こんな山道で山賊に襲われたらひとたまりもないよー!

そして櫃坂(ひっさか)を下る下る。太腿に筋肉痛の兆し。
美杉村では、民家の軒先に美杉ちゃん(仮名)キャラが。
f0101794_16565741.jpg

今回は道を迷うことなく、順調に目的地である粥見の宿「高光館」に、18時到着。

お風呂に入って、豪勢な夕食をいただく。
f0101794_16545167.jpg

f0101794_16553298.jpg
f0101794_16555733.jpg
小鍋の松阪肉すき焼きに狂喜! 疲れも吹き飛ぶが、満腹とビールの酔いで早々に就寝。
[PR]
by ichigoyama | 2011-03-19 22:32 |

伊勢街道歩き旅 おまけ

ホンマは前回に引き続き「伊勢興津〜多気」を歩くはずやったが
予定していた宿泊場所の宿が満室のため今回は断念。

初回にズルして近鉄電車を利用してしまった区間、玉造から枚岡までを日帰りで歩く。

前回とは違って街中を歩くから気が楽。遭難の心配も無用なり〜


いざ、環状線の玉造駅を出発!
f0101794_16411363.jpg


f0101794_16421166.jpg

長〜いを商店街を通り抜け、いきなり旨そうな和菓子屋や味のある食器屋によろめきながら、歩く歩く。

f0101794_16425814.jpg


ラグビーの街、花園はマンホールもラグビー模様。
f0101794_16432160.jpg


秋祭りの楽車を倉庫に仕舞うところに遭遇し
f0101794_23563895.jpg


河内音頭道場?を横目に歩くこと約3時間半。
f0101794_2357781.jpg


この日の目的地である枚岡に到着!!
まだまだ時間にも体力にも余裕があるので、少し先の石切神社をめざす。

線路沿いに民家の間を抜けていくと、石切神社参道にぶち当たる。
豆屋とか骨董屋とか和菓子屋とか占い屋とかとかとか、楽しい店がいっぱ〜い。
名物よもぎうどん&よもぎの天ぷらをいただく。
旨し!
f0101794_2359695.jpg


石切さんにお参りして、石切温泉の露天風呂で夕日を眺めて終了〜。
f0101794_011262.jpg


近鉄で鶴橋に戻って、この日は焼肉ではなく刺身でお疲れさま会。

次回はまた三重県から出発なのだ!
[PR]
by ichigoyama | 2010-10-13 16:44 |

伊勢参りへの歩き旅 その3 榛原〜御杖村

f0101794_1334839.jpg


快晴の天気に恵まれて、近鉄榛原を出発。
今回は、山道を通る峠越えルート。

式内神社を横目に国道をしばらく歩いて山の中へ。
ひんやりとした空気が気持ちいい。
しばらく山道をザクザク上がっていき、少し下ると千本杉。

f0101794_13312572.jpg

巨大な幹から10本以上もの樹が生えていて、たった1本なのに林のよう。
しばし休憩して先を急ぐ。

次にめざすは、専明寺。目印がなく不安なまま歩く。
方位磁石を頼りに、西へ西へ。

えっ! 私らの行き先は東や~ん。
と気がついたのは、山を下りてしまい、専明寺から遙かに離れた神社でのこと。
しかたがないのでお寺はあきらめて昼休憩。
たいくつな国道を歩く。
が、車は多いし景色もつまんないので国道をそれて静かな道へ。
日暮れまでに御杖の宿に到着するため、先を急ぐ。
しかし、またしても鞍取峠への道が見つからずうろうろ。
地元のじーちゃんに教えてもらってようやく林道へ。
もう日が暮れそう! 暗くなるまでに峠を越えるためにゼーゼーいいながら歩く歩く。

ようやく峠から脱出。田舎道に出る。
薄暗くなる中、なんとか宿に到着! 
まつや旅館の女将さんが心配して玄関までお出迎えに来てくれてた。
ありがたい。
まずはお風呂で汗を流して夕食。
f0101794_13402577.jpg


前日は伊勢街道を歩く人たちで満員だったそうだが、この日の宿泊客は私らだけ。
静かな食堂で、脱力しながらご飯をいただく。
運動した後のビールは本当に美味しい。

食堂には狸の剥製。
玄関にはでっかい鹿の首の剥製。近くの山にいるのだろう。
すでに軽い筋肉痛。

お互い疲れた身体をマッサージしあい、早々に就寝。
しかし二人揃って深夜に目覚めてしまう。
なんとはなしに窓から外を見ると、満天の星空!!!
大阪や神戸では見えないような、細かい星までくっきり見えて、プラネタリウムのような夜空に感動!
流れ星も拝むことができ、しばし星を眺める。

部屋を出て、座敷の窓からも外を眺めてみると
旅館の前の道を太った猫が2匹、テテテと歩いている。
と、よく見ると、猫ではなく狸! 
呼ぶとこちらをじっと見上げて立ち止まり、またテトテトテトと、夜道を去っていった。
[PR]
by ichigoyama | 2010-09-21 13:51 |

伊勢参りへの歩き旅 その3 御杖〜伊勢奥津

宿を8時に出発。
朝の空気は冷たくて気持ちいい。田んぼや民家の間の道をどんどん歩き、桜峠へ。
だんだん日ざしが強くなり、1時間も歩かないうちに汗だくに。

道の駅御杖にて休憩。
少し買い物して昼ご飯にと、むかご入りの炊き込みご飯を購入。
伊勢奥津発13:21のバスに乗るため、先を急ぐ。
今回は田んぼを抜けるのどかな田舎道が続き、楽しい。
道の分岐点には「伊勢本街道」の目印もあるので安心。

丸山公園を抜けて、姫石明神を通って岩坂峠を下る。
杉の木がうっそうと繁り、空気が澄んでいる。
f0101794_1474224.jpg


途中で小さな小さな蛙を発見。
f0101794_1483567.jpg


峠を下ると、ついに三重県!
f0101794_1491443.jpg


しか〜し、こっからが意外と長いということで
筋肉痛でガクガクする脚で、がんばって早歩き。

13時前にJR伊勢奥津駅に到着!!
f0101794_14122143.jpg


この名松線は、去年の台風の影響で今は不通となっており
代行バスが家城駅まで運んでくれる。このバスが4時間に1本しか走ってないのだ。
駅には線路を撮影するテッチャンの姿が。

家城(いえき)駅までバスで約30分。
そっからJR名松線で「一志」までゴトゴト。たった一両のワンマン電車。
歩いてすぐの河合高岡駅で近鉄電車に乗って、榊原温泉口で特急に乗り換えて鶴橋へ。

鶴橋の商店街をぶらぶら、というかヨロヨロ歩いてキンパを購入。
チヂミとビールでお疲れさま会をして終了。

今回はトレッキングシューズを履いていったのだが
靴がきつかったのか、歩き方が悪かったのか、
1日目の後半から足首が痛くなりまだ直らず。
そして全身筋肉痛。 次はもっと鍛えて行かねば。
[PR]
by ichigoyama | 2010-09-21 13:15 |

瀬戸内芸術祭

f0101794_1543056.jpg

JAGDAの皆さんと”瀬戸内国際芸術祭”開催中の直島へ。

高松から船で女木島、男木島を巡って直島へ。

ジリジリと照りつける太陽に汗が止まらない。

静かで
海が青くて
太陽がまぶしくて
夏休みの気分が盛り上がる。
f0101794_159893.jpg


f0101794_1728594.jpg


f0101794_17301864.jpg


男木島は坂が多く、暑さに耐えかねて生ビール!

今年一番うまい!!
火照った体が生き返ってく。

直島の宮浦港では、弥生のパンプキンがお出迎え。
f0101794_1510385.jpg


港の近くにある、直島銭湯「I♥湯」で汗を流す。
昼間の風呂には、天井や壁のステンドグラスからカラフルな太陽の光が注いで楽しい。
f0101794_1581934.jpg


泊まったのは「つつじ荘」のパオ。
f0101794_1511131.jpg

f0101794_15125041.jpg


夜はダイニングバー「maimai」にて、
かます、鯖、アジの干物、鯖のみりん干し、そして肉、手羽先の七輪焼き。
めちゃ旨い! 炭火焼きって最高!!

直島ブランドのハマチの刺身もいただく。これまた旨し。

夜はつつじ荘前の海岸で花火をして、パオにて宴会。

翌日は、地中美術館へ。めっちゃ混雑してて整理券もらって45分待ち。
安藤建築への意見が飛び交い、妙なところで盛り上がる。

そして、宮浦港近くのダイナーみたいなとこでアボカドサンド&コロナ。
高松では讃岐うどん。
と、またまた食べっぱなしの一泊二日の旅だったのだ。
[PR]
by ichigoyama | 2010-09-06 15:04 |

ソウルで食い倒れ

少し早めの夏休みをとって、ソウルに行ってきた。
飛行機で約1時間半。って近いなぁ。

まずは腹ごしらえ!
ホテルのすぐ近くの店でサムギョプサル。そしてビール&マッコリ。旨い!
韓国のキムチって酸っぱいんだけど、豚の脂で焼いて食べると旨い〜。
お腹い〜っぱい食べて、一人1500円くらい。
f0101794_12585232.jpg


腹ごなしに街を散策。ショッピングビルの前には露天がひしめき合っててお祭り気分。
価格といい品揃えといい、天神橋筋商店街みたいな感じ。
ギリギリまで仕事してたんであんましテンション上がってなかったけど、
だんだん浮かれてくる。

東大門市場に行きがてら、東大門を見学。
f0101794_12592546.jpg

東大門は李朝時代、ソウルを取り囲んでいた4大門のうちの1つ。
夜はライトアップされていてとても美しい。
冷麺横丁を探して歩き回るが閉店時間を過ぎてたようで、見つからず。
結局ホテル近くに戻って庶民的なファミレスみたいなとこで、ビビンネンミョン。
これが予想以上に旨い!! すっごくコシのある麺が最高なんだわ。
f0101794_12595834.jpg

下向いたら麺が出てくる〜ってくらい満腹になったんで、チムジルバン(サウナ)へ!
ホテル内にあるのが嬉しい〜。
石サウナ、金サウナ、岩塩サウナ、炭サウナ、そして冷蔵庫みたいにひえひえの冷サウナがある。
どこもすっごく気持ちよくって、眠ってしまいそうに。
お風呂とサウナであっという間に3〜4時間くらいが過ぎる。


2日目 仁寺洞(インサドン)・北村(プッチョン)・昌徳宮(チャンドックン)
台風がやってきてて、朝から雨! 地下鉄で仁寺洞をめざす。
駅出たら雨が上がってて、ほっ!
Wがチェックしてた「アルムダウン茶博物館」へ。
古い木造家屋をリフォームした素敵なとこ。
韓国産の紅茶や緑茶を売ってて、茶器も展示。カフェではお茶も飲める。
目的は紅茶のかき氷。これがめちゃ旨!
f0101794_1305483.jpg

ロイヤルミルクティーのような濃厚な味。
そこにアーモンド、クルミ、カシュナッツなどのナッツ類と練乳をトッピング。
韓国伝統発酵茶は上等な緑茶の味。氷で冷えた口が温まる。


仁寺洞通りは韓国みやげもん通り。1件ずつ見てたらきりがないくらい。
ランチは念願のカンジャンケジャン!!
しょう油辛くてご飯がススムくん。またまた食べ過ぎる。
f0101794_1315137.jpg


昔ながらの街並みが残る北村を散策。石垣が美しい!
f0101794_1324063.jpg


定休日で入れなかった景福宮を高台から眺めつつ世界遺産の王宮・昌徳宮(チャンドックン)へ。
f0101794_1331618.jpg


夕食は餃子(マンドゥ)と春雨やら豚の内臓をトッポギ味のソースで煮込んだもの。
f0101794_1335665.jpg

しかし、この店ビールがない!! みんなマンドゥと丼や冷麺をガンガン食べてる。
コリアンの食欲に圧倒される。

早めにホテルに帰って、またまたチムジルバンへ。


3日目 ロッテ百貨店・免税店・ロッテマート・よもぎ蒸し
ロッテ百貨店の地下で買いもん。そしてロッテホテルの免税店で韓流スターグッズとパックを購入。
いかにも観光客の一日がスタート。
ランチはドラマで見て絶対食べたかったジャージャー麺。
f0101794_1342562.jpg

予想していたより甘くない肉みそダレでダシが利いたあっさり味。

南大門市場へ。屋外に露天がぎっしり。ビルの中にも派手な服やらがいっぱい!
色彩があまりに鮮やかで圧倒される。ショッピング熱が上がる上がる。
ペラペラのワンピとか買っちゃったり。

最後は巨大スーパー、ロッテマートへ。ここでも韓国食材とかを購入。

そしてこの旅のメインイベント、よもぎ蒸しをドリームバスで!
日本人の店員がいてほっとする。美容ブレンドの薬草で30分くらい下からいぶされる。
その後、顔と全身をマッサージ。きもちい〜〜〜い!!!
スッピンのままホテルへ帰って晩ご飯へ。
脱力してて遠出する元気がないんで、ホテル近くの地元の人で賑わう店へ。
おばちゃんがあれもこれもと食べきれないくらい勧めるのをかわしながら
それでも、サムギョプサル、水餃子、チャプチェを注文。そしてビールとマッコリ!
f0101794_1351155.jpg

この店もめっちゃ旨い! サムギョプサルを石のプレートで焼く。旨い旨い!!
そして水餃子がまた旨い。ニンニクと玉ねぎのみじん切りがどっさり入ってるタレが最高!
ニンニク臭いのが自分でもわかるけど、やめらんない。
またまた食べ過ぎてしまう。

地下鉄の駅からホテルへ続く道沿いに並ぶ飲食店は、ガイドブックには一軒も載ってないけど
めちゃレベル高い!! 地元の人がいっぱいだし、ホンマに旨い!

最終日は空港でもう一度冷麺食って、食い倒れの旅は終了。
ホンマによく食べたわぁ〜。
それにしても、韓国の人たちの食欲ってスゴイ! 
あんだけ毎日ニンニクやらキムチやら食べてんだもん、あのパワーにも納得。
[PR]
by ichigoyama | 2010-08-16 13:06 |

シンガポール

f0101794_21332763.jpg
f0101794_21334252.jpg


行ってきました、お仕事で。
初の海外出張!
ロケハン含めたら6日間の滞在なんで、夜遊びしたいね〜なんて言っていたのに
まったくもって自由時間がなく、怒濤の日々!

英語わかんないし、通訳してくれるコーディネーターさんがいないとパニックやし
時間ないし、撮影の邪魔になったらアカンし、ワケわかんないしで
またしても間抜けの連発でヘコみまくり。

でもスタッフがとってもとっても素敵に楽しい人らばっかで
モデルちゃんも可愛くてやさしくて、プロフェッショナルで
そんなみんなに支えられて、楽しい旅となりました。

シンガポールは、想像以上にめっちゃ素晴らしい国!
風水で街が造られているだけあって、気の流れが心地いいの。
邪気が淀んでないっていうか、どこ行ってもいい風が吹いてる。

巨大ビルが立ち並ぶ繁華街でも、熱帯の樹木がドカ〜ンんとわさわさ緑を茂らせてて
私好みのりっぱな木や熱帯植物がいっぱいでしあわせでした。

ええホテルにも泊まらせていただいたし。

今度はプライベートでゆっくり行こう。
うん、絶対また行く。
[PR]
by ichigoyama | 2010-06-12 21:44 |

伊勢参りへの歩き旅 その2  2日目

念願の大神神社(おおみわじんじゃ)へ。
f0101794_2562735.jpg

本殿へと続く道が素晴らしい! 大きな木がアーチのようになっていて、緑が深く空気が澄んでいる。
そして本殿もとてもりっぱ。荘厳だ。 
霊感はないけど、山の神様のエネルギーに満ちている気がする。
f0101794_2571575.jpg

ここにもいくつもの神様が祀られているので、巡る。

三輪に来たからには、ってことで「にゅうめん」&おいなりさんで遅めの朝食(早めの昼食?)。
思い切って神社のご神体である三輪山に登る。往復約2時間の道のり。
木が密生していて屋久島のような雰囲気。
休憩所のおばちゃんいわく、江原さんもパワーをもらうため登りにくるのだとか。
登山で筋肉痛がさらに増し、脚が笑いだす。

笑った脚で長谷寺を目指す。
今日はとってもいい天気で風もあまりなく、歩き日和。山辺の道を歩く。
途中までは平坦な道だが、長谷寺は山の上。
坂道を登るのはしんどいが、両脇に旨そうな土産物屋が並んでいて楽しい。
豚まんの皮でおこわをくるんだのを食べながら寺を目指す。旨い!
買いたいものがいっぱいあるけど、まだ歩かねばならないので荷物を増やしたくない。でも買いたい。と葛藤。そしてヘンな人形も発見したり。。。
f0101794_254543.jpg


とりあえず寺へ。 しかしいきなりすごい階段。先を見ず、足元に意識を集中してひたすら登る。
頑張って登ったかいあって、素晴らしく趣のある寺。本堂には十一面観音菩薩が。
これがまたとてもいいお顔で、木造の本堂も年期が入っていて静謐な空気に包まれる。
清水さんのような木造の舞台がせり出していて、ここからの眺めがまた素晴らしい!
山の木々、桜や梅の花もちらほら。
しんどかったけど、来て良かった。
f0101794_2582774.jpg


ガクガクの脚でよろよろと下山。疲れているから甘いものが恋しくて、焼き草餅を買う。
とてもやさしい甘さで、本当においしい。
そっからは、ゴールの榛原めざしてひたすら歩く。
大きな国道は車が多いのでつまんないけど我慢して歩く。
日暮れ頃、ようやく榛原に到着! 
今回は温泉に入る暇がなかったのが残念やったけど、とてもいい旅でした。

で、帰りはやっぱり鶴橋へ。焼肉&ビールでお疲れさま会。
帰り道に鶴橋があって良かった♪
[PR]
by ichigoyama | 2010-03-25 02:58 |

伊勢参りへの歩き旅 その2  1日目

前回、大阪から暗峠を越えて奈良公園まで歩いたので
今回の旅は、奈良駅からスタート。
まずは旅の安全を祈りに春日大社へ。

f0101794_2491991.jpg


世界遺産の春日大社には、武甕槌命(たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬしのかみ)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめがみ)が祀られている他、霊験あらたかな神様が、合わせて61社も祀られている。
その中の12社を巡る「福の神12社めぐり」というコースがあり、せっかくなのでここもお参りする。

知恵をさずけてくださるよう祈り、
商売繁盛を祈り、
金運アップを祈り、
健康を祈り、
良縁を祈り・・・
と、邪念にまみれながら深々と頭を下げる。
そして鹿と戯れながら猿沢池に戻ると、すでに1時間が経っている。
いよいよ天理へと出発。
「ならまち」を通って街道をテクテク歩く。
住宅街の中を通る道で昔ながらの木の格子戸がある家も多く、風情ある道ゆき。
瓦屋根の端に大黒さんやえびすさんなど福の神が立っている家、
瓦屋根の上にさらに傾斜のきつい三角の屋根をのっけている家、
酒蔵を改造したような広い駐車場がある家など、興味深い家が並ぶ。
たばこ・お菓子やパン・文房具などの日用雑貨を売っている店
(今でいうコンビニか?)もレトロな看板でいい感じ。
いくつもの古墳に出会うのも、奈良ならでは! って感じだ。
道沿いのお寺や神社で休憩しながら、天理へ到着。
風が強く、日が暮れてくるとかなり寒い。
天理の駅前商店街で、コロッケとミンチカツを買って腹ごしらえして
三輪を目指してさらに歩く。
日暮れになんとか三輪に到着!
すでに太ももがパンパンで右足の裏に豆が育っている。
大神神社の大鳥居を拝んで、この日は終了。
f0101794_322456.jpg


宿のある天理まで電車で戻って、炉端焼きでビール&ぬる燗。
部屋に戻ってから、ネットで地図検索しながら翌日のルートを相談して就寝。
[PR]
by ichigoyama | 2010-03-25 02:49 |

喰え喰えの旅

今年も旨いもんを食い尽くす“喰え喰え教団”の旅に行ってきた。

今回のメインディッシュは焼きガニだ!!
まだ動いてるヤツを両面グリルで香ばしく焼く
旨い!! 旨いに決まってる!!
みんな思い思いに感動をつぶやきながら、ひたすらむさぼり食う。

しかし、旨いもんはそれだけじゃないもんね。
のどぐろの蒸し焼き、あんこうの鍋、サザエのつぼ焼き、そして地元の酒と地ビール。
f0101794_18201279.jpg


幸せ過ぎる。

昼に食べた、新鮮市場の白エビ丼も旨かったなあ。
ご飯足りないくらいにエビ、イカ、ウニがどっさりで。
f0101794_18203631.jpg


宿も、目の前には海しか見えないという素晴らしいロケーションだったし。
綺麗やし。

朝は鍋の残りで雑炊だし。これまた旨いし。

そして、今どきの綺麗な温泉と、風情あるおそろしく小さな温泉、両極端な2つの温泉に入り、
ふじで刺身定食。

またしても、旨いもんまみれの2日間でした。
[PR]
by ichigoyama | 2009-12-06 20:27 |