食って、飲んで、笑って、眠って。。。そんな毎日。
by ichigoyama
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
日々
メシ

AtoZと弘前のこと


落語とか芝居とかライブとか
短歌
以前の記事
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

グリーンエコー笠形

週末、三宮から車で約1時間半の旅。
JAGDAの皆さんと兵庫の山奥、グリーンエコー笠形へ。

近くの滝を見にハイキングへ繰り出すが
思いのほかハードな道のり。
往復1時間ちょっとのお手軽コースながら
50段近くある階段やら、切り立った石の階段とかがあり
下りの道では膝が笑う始末。

しかもその後テニスしたりして。
久々にいっぱい運動。
そしてBBQ&キャンプファイアー&温泉。
となかなか盛りだくさんの旅。

20年振りくらいのキャンプファイアーが、思いの外楽しかったのだ。
炎ってテンション上がる。
野性が目覚めるというか、なんか血が騒ぐのだな。
[PR]
by ichigoyama | 2009-09-29 00:51 |

京都音楽博覧会

f0101794_15545397.jpg

朝から雨が降りそうな天気の中、梅小路公園へ。

今日のお目当ては、奥田民生と石川さゆり、そしてどんとの息子のラキタも気になるところ。

しかし、何はさておき野外フェスと言えばビール!
なのに、会場内ではアルコール販売してないなんて!

コンビニでビールを仕入れてやっと腰据えてライブに挑む。

全体的にすんごくゆるーいムード。

一番盛り上がったのは、石川さゆりでした。

1曲目の津軽海峡冬景色のイントロから歓声が上がり、新曲を交えつつ、天城越えでは三味線と鼓、さゆりちゃんのパワフルな唸りにみんな拍手の嵐。

ええやん、演歌!
さゆりちゃんの声はホンマ素晴らしい。
日本人の魂揺さぶるなあ。

そして、可愛いし。



最後に、
今日も民生くんは男前だったことを報告しておきます。
[PR]
by ichigoyama | 2009-09-27 15:54 | 日々

ふわふわ

いい季節。
なのに気持ちはふわふわと落ち着かない。

進むべき方向が最近、皆目見えません。


流れ流れてここまできたが、やりたいことをやってきたものの
やり続ける気力が萎えてきたような。
よーわからん状況。

年末の旅は、いろいろ気持ちをリセットするのにいいタイミングなのかも。
と思ったり。
何かが始まる前のもやもやかな、とも思ったり。

何にせよ、大事な縁とタイミングを逃さないように
それだけには心を配って生きなくては。
[PR]
by ichigoyama | 2009-09-19 19:08 | 日々

優男組

繁昌亭にて「優男組」

優男・やさおとこ(大辞泉より)
1、姿かたちが上品ですらりとしている男。
  また、性質のやさしい男。
2、風流・芸術などを理解する男。風雅な男。みやびお。

しか〜し、顔ぶれは微妙な優男たちであった。
まあ優男っていやぁ言えなくもないが・・・


桂吉の丞 「時うどん」

米朝の弟子の吉朝の弟子の吉の丞。
はいはい、もう憶えましたで。

やっぱ私は、2人組の掛け合いバージョンの方が好きだな。
1人やと、あっさりしすぎてておもんないねんもん。


桂春雨 なんやったっけ????

ごめん忘れた



桂あさ吉 「稲荷車」

なんか緊張してたように感じたのは私だけじゃなかったみたい。
しかし出演者の中では、一番の優男じゃないか?


ナオユキ 「緩やかな漫談」

舞台そでから、ぬるっと登場。

のっけからゆるい始まり。
焦げ茶のスーツが決まってる。
まいどお馴染み、めっとりしたしゃべりが延々と続く。

そして退場も、唐突に。

ナオユキって、瞳が小動物っぽい。


林家花丸 「幸助餅」

じっくり聴かせる人情噺の大ネタで、
落語会が終わった後も、花丸さんの印象しか残ってない。
くらいに熱演で引き込まれる。
[PR]
by ichigoyama | 2009-09-16 22:39 | 落語とか芝居とかライブとか

京都で志の輔さん

我が母校にえらく立派な小屋ができていた。
その「春秋座」にて ”立川志の輔独演会”。
かなり記憶が薄れてきてんねんけど・・・・


こじんまりとした南座って感じのとても素敵な舞台。
ちゃ〜んと桟敷もある。

まずは沖縄出身の弟子、めんそーれの「たらちね」


立川志の輔 「バールのような」

この噺を知ってから
ニュースでこのフレーズを聞くたびに、
なんだかニヤニヤしてしまう。

「女のようなヤツ」は、女じゃない。
けど、
「妾のような女」は、妾なんだなこれが。
う〜む、目の付けどころが素晴らしい!


立川志の輔 「井戸の茶碗」

最近気付いたのだが、わたしはこういう武士のプライドが嫌いなのだ。
けど、落語ではそうした武士の意地の張り合いをおもしろがる部分もあるのだろうな、きっと。
志の輔さんは、武士の意地の張り合いのせいで
右往左往させられる屑屋に焦点を当てているので楽しく聴けるけど。

武士道の美学より、
意地汚くても、かっこ悪くても、ずるくても
ジタバタあがきながらのくだらない生き様の方がいいなと思う。
[PR]
by ichigoyama | 2009-09-12 22:16 | 落語とか芝居とかライブとか

彦八まつり

生國魂神社の彦八まつりへ

お目当ては、桂雀三郎withまんぷくブラザーズのライブ。

f0101794_11454397.jpg

日中は暑くて暑くてグッタリしてしまったけど
日暮れからは風が心地よく、
まんぷくブラザーズのステージもめっちゃ良かった。
皆さんええ声で、気持ちよ〜く聴ける。
ディナーショーやるくらいなんだから当たり前だが、演奏もお上手。

その後は、
笑福亭福笑、桂あやめ、染雀などなどによる、ヒロポンズ・ハイ。
福笑さんの歌、初めて聴きました。
歌声より、くねくねした踊りが目に焼き付いている・・・

雀三郎さんと福笑さんて、どちらも今年還暦なのよね。
元気だっ!
[PR]
by ichigoyama | 2009-09-05 23:20 | 落語とか芝居とかライブとか