食って、飲んで、笑って、眠って。。。そんな毎日。
by ichigoyama
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
日々
メシ

AtoZと弘前のこと


落語とか芝居とかライブとか
短歌
以前の記事
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第一回 上方落語まつりinミナミ

「上方落語の笑いで大阪の街を明るく、元気に!」と、
吉本興業、松竹芸能、米朝事務所の三社が会社の垣根を越えて結束。
なんばグランド花月に行ってきた。


林家花丸「時うどん」

いつもと変わらぬ張り出しのいい声で、トントーンと進む「時うどん」。
2人の掛け合いだが、コンパクトに。出だしも初めての流れ。
会場にはどっかんどっかん笑いが起こって「受けすぎちゃうか?」と思ってしまう。
おもしろいけどね。花丸さんお上手やし。でも、そこまで笑うか?
これが、なんばグランド花月のノリなのか? 客層も年齢高め。


桂宗助「子ほめ」

こちらもテンポよく進む。アホがとってもアホっぽくて憎めない。
よく知ってる噺なのに、やっぱり笑える。何度でも笑える。
そのあたりが、若手とベテラン噺家の力量の違いなんやな。


桂小春團治「アルカトラズ病院」

金儲け主義で不良患者を刑務所のように収容している、通称「アルカトラズ病院」。
そこに何も知らず救急車で運び込まれてしまった患者が、
不良患者とあれこれやらかす新作落語。
小春團治、おもろすぎる。春團治師匠の弟子とは思えないくらいに毛色の違う噺家さんや。


桂ざこば「子別れ」

「かすがい」を持参して見せながら説明する枕が、いかにもざこばさんっぽい。
なさけないオトンと、しっかり者でおませな息子のやり取りがおかしい。
立川流がやるとしんみり泣かせる噺になるところだが、
そんなしめっぽさは一切ないところが、さすがざこばさん!
っていうか上方らしくて良かった。


口上

幕が上がると、下手に司会の桂吉弥、その横にズラリと上方落語会の重鎮が。
真ん中に背筋をすーっと伸ばしてちんまり座っているのは春團治師匠。
その隣の好々爺が、人間国宝米朝師匠だ。
まず最初に春團治師匠がご挨拶。上品で優しげなんだけど隙がなくシャンとしてる。
さすが現役。貫禄があるのだ。
そして順番にひと言ずつのご挨拶が始まる。
が、米朝師匠、なんだかもぞもぞとして座り心地が悪そう。
正座してるのがしんどいみたいで、ざこばさんが話はじめると
「座ってんのしんどい」と訴える。
「ほな、もう寝ときなはれ!」とじゃけんに言い放つざこばさん。・・・国宝なのに。
見台が運び込まれてもたれて座っているが、最終的にはステージに椅子が運び込まれる。
それにしても、「椅子に縛り付けといたらええねん」とか
まぁ、ざこばさんやから許されるのだろうが、国宝に対して容赦がない。
みんな、はらはらして見守っていたが、その扱いに笑いが起こる。
で、米朝師匠が椅子に納まって最後のご挨拶。
「こんなややこしいとこに座らされて・・・」と、意外と元気な様子にほっとする。
会場の後ろに凄い数のカメラが並んでいたのは、この口上を撮るためやったんやな。


桂文珍「???」

英語落語。といっても、めちゃ簡単な英語だけど。
これまた、どっかんどっかん笑いが起こって、あまりのウケっぷりにビックリ。


笑福亭仁鶴「つぼ算」

仁鶴さんは初めて聴いたのだが、テレビで話しているのと同じ、たんたんとした口調。
大げさに抑揚をつけることもなく、安定したリズムで話が進んでいく。
そのリズムに引き込まれていくと、じわじわおもしろくなっていく。
ちょっとした間、わずかな表情の変化で笑わせる。
声を張り上げることもないのに、どなっているように感じたり
同じ調子やのにイライラした感じが伝わってきたり、
なんか不思議な空気に包まれておもろい世界に連れて行かれるのが心地よかった。


何はともあれ、お元気そうな米朝師匠を拝めて良かった。
[PR]
by ichigoyama | 2010-04-30 16:29 | 落語とか芝居とかライブとか

神戸集会

昨日は夕方からJAGDAの委員会。

おこがましくも委員会メンバーに入れていただき、
皆さんと一緒に、今後のJAGDA兵庫の活動について決めていく。
兵庫のメンバーはみんなとっても温かくて、ファミリーって感じ。

いろいろ意見も出て、今年の活動内容が少し具体的にまとまる。

みんないろいろ考えていて、
わたしってホンマにぼや〜っと生きているなと思い知る。

その後、二次会へと流れ居酒屋の座敷でまた語り合う。
結局終電まで飲んで解散。
その後、夜の街に消えた人2名。
みんな元気やなぁ。
[PR]
by ichigoyama | 2010-04-21 17:12 | 日々

しあわせな白

f0101794_19483917.jpg


近所の楽市で498円のマッコリを購入。

まったりとしてて、おいしい〜♪
[PR]
by ichigoyama | 2010-04-10 19:49 | メシ

不安定

またもや睡眠時間が乱れとります。


午後3時とか
夕方とか
夜の8時とかに
突然充電が切れたように眠くなり就寝。
眠りには素直に生きているからね。

で、3時間くらい眠ると目覚める。

ほんでまた仕事して明け方に眠ったり。

仕事の予定が朝から入っていたら
そのまま出かけてふらふらになったり。


ちゃんと早起きしてまともな時間に眠りたい。
からだ動かしてないのに、からだのあちこちが痛いのはなぜだ!

どーも眠りの質が悪い気がする。
心地悪い夢ばかり見るし。

ベッドをやめて布団にしようかと考えたり。
しかしそーすると、ベッド下の収納に入っているもろもろの物は
どこに仕舞えばよいのか?

あー、荷物が多すぎ!
[PR]
by ichigoyama | 2010-04-09 03:35 | 日々

おしどり

ヨシモト∞ホール大阪にて「おしどりおもしろギグ」

登場は和服! 
裾がアメリカ国旗だったり
片袖がタータンチェックだったりのかわいい着物。
ケンちゃんの帯はレザーでしたね。(締めにくそう)

マコちゃんはいつもながらのええ声。ケンちゃんへのツッコミも軽快。
音曲漫才だけでなく、お悩み相談コーナーやらテルミンとアコーディオンのコラボやら
映像やらありで、おしどりを満喫。

テルミンしてるときのケンちゃんが楽しそうやったな。
マコちゃんのサザエさんがあわびネタが個人的にはウケた。
そして一緒に行ったMちゃんがツボにハマって笑いが止まらなかった
ケンちゃんの「(温泉に)ハマりたいっ!」。
楽しい2時間弱でした。


それにしても、おしどりの人気にびっくり!
お客さんいっぱいやったし、プレゼント渡してるファンもいて
子どもからおっちゃんまで幅広い層に愛されてるなぁ〜、と。
[PR]
by ichigoyama | 2010-04-05 03:40 | 落語とか芝居とかライブとか