食って、飲んで、笑って、眠って。。。そんな毎日。
by ichigoyama
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
日々
メシ

AtoZと弘前のこと


落語とか芝居とかライブとか
短歌
以前の記事
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

柳家三三 桂吉弥 ふたり会

繁昌亭にて 「柳家三三 桂吉弥 ふたり会」


桂弥太郎 「狸賽」
桂吉弥 「持参金」
柳家三三「転宅」

仲入り

柳家三三 「高砂や」
桂吉弥 「質屋蔵」

2階まで満席。
ひょろひょろした体型は師匠譲りなのか?
三三さん、とぼけた佇まいがいいな。
天神祭の練習なのか、気合いの入った祭り囃子が舞台裏から聞こえてくる。
それをす〜っと落語に取り入れて。
転宅のお妾さんが色っぽかった。 
艶のある古典。

秋の独演会が待ち遠しい。



しかし、先週末からちょっと遊びすぎだ。
ま、夏だから、いっか。
[PR]
by ichigoyama | 2011-07-21 14:16 | 落語とか芝居とかライブとか

ハッチハッチェルバンド バースデイライブ

神戸のJames Blues Land にて ハッチハッチェルバンド 
f0101794_1424975.jpg

イェ〜イ! 7月19日は、ハッチさんの誕生日♪
おめでとぉ〜 
 「オッサンです!」の挨拶にも気合いが入ってました。
心配していた台風を蹴散らして、祭りだ祭りだカーニバル!

f0101794_1485079.jpg

窓の外に神戸の街が見える、ゆったりとしたジェームスのステージに
ハッチハッチェルバンドがしっくりハマル。 絵になる〜
きっもちぃ〜!

行くたび、観るたび、どんどん深みにハマっていく
そんなバンドです。
もー、抜け出せないのだ。
[PR]
by ichigoyama | 2011-07-19 14:12 | 落語とか芝居とかライブとか

アボカド成長木

日に日に、ニョキニョキ。

f0101794_1592889.jpg
←7月13日朝

f0101794_17565999.jpg



















←7月14日朝

ほら、日に日に育ってる!
くふふ。かわゆ〜い
[PR]
by ichigoyama | 2011-07-13 15:10 | 日々

すくすく

育っておりますアボカド。
f0101794_1056476.jpg

[PR]
by ichigoyama | 2011-07-12 10:56 | 日々

アボカドーん

f0101794_16375581.jpg


アボカドの種から、はじめて芽がでた〜!!!

これまで、数々の植物を
ぐったりさせ、
バリパリにさせ、
カピカピにさせては、殺めてきた私としては
これはもう奇跡のような出来事。

すくすく育って、大きな樹になって
アボカドがたわわに実って(アボカドってどうやって実るのか知らないけど)
自家栽培のアボカドで、ディップとか作って〜
と、夢は果てしなく広がる。

まだ芽が出たとこだけど。
このまま枯れないことを切に願う! 祈る!!
[PR]
by ichigoyama | 2011-07-05 17:03 | 日々

談春独演会

「立川談春独演会」 兵庫県立芸術文化センターにて 


開口一番
立川はるか 「道灌」

立川談春「へっつい幽霊」

仲入り

立川談春「人情八百屋」



はるか君、かなり緊張している様子でハラハラしながら聴く。
さげの手前で、ぐっと詰まり言葉が出てこず
思わずこぼれた「すみません」のひと言に客席爆笑。
なんとも初初しい高座となる。

登場した談春さんは、小三治師匠が「高津くじ」のさげを間違えた枕からスタート。
神戸とは違うゆるくほのぼのした空気の中、
客席を暗くする理由を語る。
通常、噺家は客席を暗くすることを嫌う。
小朝、鶴瓶、志の輔、そして談春だけが、客席を暗くするのだとか。

どうやって観客一人ひとりに落語を届けるか、を追求し続けている姿勢に打たれる。


仲入り後も長めの枕。
震災後、よくやるようになったという「人情八百屋」。
情のやりとりをきめ細やかに描き、じんわりと温かな気持ちにさせられる。
ただ、設定のやりきれなさがぬぐいきれず、お母さんには死んでほしくなかったなーと思ったのです。
[PR]
by ichigoyama | 2011-07-03 21:51 | 落語とか芝居とかライブとか