食って、飲んで、笑って、眠って。。。そんな毎日。
by ichigoyama
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日は映画の日

仕事の資料が揃わず、書くに書けない状況なんで朝から映画に行く。
レディースデイだし。1000円だし。
女子ってお得。ごめんねオッサンなのに、こんな時だけ女子の特権にあやかって。
と思っていたら、ガーデンシネマは男性も水曜日は1000円だと今日知った。

さて
「女と銃と荒野の麺屋」
チャン・イーモウ監督がコーエン兄弟の「ブラッド・シンプル」をリメイク。
f0101794_18463925.jpg

タイトル見て「コックと泥棒、その妻と愛人」を思い出してしまったが
妻の不倫を知った夫が怒り狂って殺人を企てるところはどちらも同じ。
そして、鮮やかで艶めかしい色彩にも似たものを感じる。
こういうどろっとした感情が絡み合う映画には、生々しい色彩が似合うのかもしれない。

カッパみたいな風貌の中華麺屋の主人、
気は強いが夫の暴力に逆らえないその妻、
その愛人である気の弱い従業員、
そして悪徳警官。
4人それぞれがよからぬ企みを抱え取り返しの付かない状況に陥っていく。

当人たちが真剣であればあるほど、その姿は滑稽で
人間ってどーしよもないな、と思う。

映像、小道具、ロケーションがカッコイイ!

内容には全然関係ないんだけど
唯一の料理シーンで登場した、辛そうな麺がもんのすごくおいしそうだったのだわ。
[PR]
by ichigoyama | 2011-09-28 18:48 | 落語とか芝居とかライブとか

映画で文楽

近松門左衛門 原作 「冥途の飛脚」
[PR]
by ichigoyama | 2011-09-28 16:23 | 落語とか芝居とかライブとか

東西落語名人選

神戸文化ホールにて 「東西落語名人選」

桃月庵 白酒 「替り目」
月亭 八方 「猿後家」
桂 歌丸 「新聞記事」
桂 春団治 「お玉牛」

仲入り

笑福亭 松喬 「お文さん」
柳家 小三治 「厩火事」

ものすご〜く豪華メンバーの落語をテンポよく聴ける、なんとも贅沢な落語会。

しかも、春団治師匠は「お玉牛」!!!
キレのいい関西弁が心地よくて、
あの調子で「この、どあほっ!」と叱られたいような気がした。ちょっとだけ。
ほんまに叱られたら、血の気がひくほど怖いやろうけど。。。

トリの小三治さんは、ゆったりとした空気で客席も包む。

来年の独演会が楽しみ。
[PR]
by ichigoyama | 2011-09-23 18:00 | 落語とか芝居とかライブとか

お泊まり〜


宇治の山奥にあるイナ邸で呑み会。
イナさん手作りのグリーンカレーとパッタイが美味しい!!
いろいろアテをつまみながら、ビールビールビール。
そして、マリリン・モンロー ラベルのワイン。

f0101794_15544335.jpg

f0101794_1555132.jpg

自家製梅酒もいただく。
f0101794_15573342.jpg

ブランデー梅酒、はちみつ梅酒、普通の梅酒、を飲み比べ。
甘さ控えめでどれも美味しい! 一番はブランデー梅酒。
コクがあってたまら〜ん。

ニャーちゃんとも二度目の対面。
するが、やはりテレビの裏に隠れて出てきてくんない。
けど前回遊びに行ったときのような、恐怖におびえた声で鳴くことがなかっただけマシなのか。
気になるようで、チラチラ廊下に顔を出すが、私が出て行くと速攻で部屋の隅に逃げ帰る。
……せつない。
けど、ゆーっくり近づいたら頭を撫でさせてくれたの!!
これは、大きな進歩!!! 今回はこれで良しとしよう。
こちらとしては、幼い頃から写真で知ってるから成長を見守ってきた親戚のおばちゃんの気持ちなんだけど
ニャーにしたら初めて見る知らん人なんやから仕方あるまい。
ゆっくり気長に、愛を育んでいきたい。
f0101794_1631580.jpg

しかし、逃げれば逃げるほど、追いかけたくなるのが乙女心。
ニャーったら、女子の心理を心得てるな。
く〜っ! 恋愛上手め! 


お泊まりして信楽にも行ってきた。
陶芸教室で作品を制作。
小鉢・・・のつもり。
f0101794_1611576.jpg

これにアテ入れて、また呑むんだ。
[PR]
by ichigoyama | 2011-09-20 16:05 | 日々

広島にてオノ・ヨーコ展

9月11日
世の中がざわつく日に、友人に誘われ広島へ。
f0101794_16223841.jpg

広島焼きを食べて、原爆ドームと平和記念公園。
緑鮮やかな公園と原爆ドームの対比が強烈。

せっかくなので、平和記念資料館を見学。
歴代の広島市長が送り続けてきた世界各国の核実験に対する抗議書が
金属プレートに刻まれて壁一面に並ぶ一角があって、息苦しく、悲しくなった。
核の使用に反対し、平和を願ってきたはずなのに
なんで、こんなにもたくさんの原発を日本はつくってしまったんだろうね。
これまでの自分の無関心さ、無知さに恥じ入るばかりです。

快晴の広島は、暑く暑く、
汗だくになって現代美術館のオノ・ヨーコ展へ。
「希望の路」と題した作品は、祈りのように静で重々しかった。

常設展では、太郎さんの作品や、横尾さんのY字路も。


帰り道、広島駅前の百貨店で地元のもんを物色。
知らない街のデパ地下ってたのし〜。テンション上がって食材とか買ってしまう。

和歌山も暑かったけど、広島も本当に暑かった。
炎天下をうろうろしてたから、この夏、一番暑い思いをしたような気がする。
もう9月なのにね。
[PR]
by ichigoyama | 2011-09-11 11:34 | 日々